田辺・弁慶映画祭 上映作品


『ハッピーアイランド』
上映時間:11/11(土)10:55- (80分)
 

主人公の真也は東京に住む23歳。真也は昔、傷害事件を起こし、仕事も転々とし中途半端な人生を送っていた。ある日仕事を辞め、
父親から、親戚がやっている福島での農業の仕事を紹介され、嫌々ながら真也は農作業を始める。震災で妻を失った正雄やそこで働く人たち、保育園で働く里沙にやその
土地の人たちに触れ合う中で仕事のやりがいを見つけ出そうとしていた。

真也がきて1ヶ月が経ち、野菜を出荷する場所に連れて行かれ、放射能検査や他の県の野菜よりもはるかに安く売られているのを見る。真也は戸惑いながらも仕事を続けるが、野菜が余ったり、買取先が少なくなるなど現実を突きつけられる。そして、正雄の「福島」の農家である事への思い、自分の野菜を愛する思いを知り、真也はますます葛藤し、自らできることを模索するが、いつのまにか真也がいることで町の人たちが正雄の家の野菜を嫌がられていることを知る。

真也は戸惑い、自らが辞めるために不祥事を起こす。次の日、農協と正雄、真也を含めた話し合いの場が持たれる。そこで正雄は「俺たちは必死に前を向いて向き合ってきた。なんでこいつに向き合えないんだ。そんなの勝手に決めた風評被害と一緒じゃねーか」と語る。真也は正雄の語りを聞き、ますます葛藤する。そんなある日、3月11日を迎える。ふと目を広げてみるとそこには様々な過去、現状の問題を抱えながらしっかりと生きる人たちの姿があった。

キャスト 吉村界人、萩原聖人、大後寿々花、三輪江一、中村尚輝、岡村多加江
監督 渡邉 裕也
上映会場/鑑賞券 小ホール/鑑賞券不要(無料)


監督
プロフィール
わたなべ ゆうや

1992年生まれ
福島県出身
2013年より商業映画の助監督として活動を始め、同時にMVなどの映像制作を始める
今回は、初長編監督作品