上映作品紹介

応援上映

紀の国わかやま文化祭2021上映作品『紀州騎士(きしゅうでないとぉ!)』

11/21(日)

18:00~

【物語あらすじ】
幼い頃、人前に出ると、喋れなくなる病、場面緘黙症にかかる、主人公さやか。
喋れないゆえ、虐められ、自分だけの殻に閉じ籠っていました。
やがて成人したさやかは、新聞記者になり、社会の一隅を照らすような記事を書くようになります。
その記事は、傷付いた人びとの癒しになり、多くの人々の生きる支えとなっていきました。
しゃべれないからこそ
大切にしてきた言葉は、やさしく人を包みこみます。
人は、日常で投げ掛けられる言葉に希望を感じているだろうか。
暴力的な言葉、分断する言葉で、心を蝕んでいないだろうか。
この映画は、言葉に疲れ、傷ついた人
怒りや差別に苦しんでいる人に
対決しない寛容な生き方を指し示してくれます。
脚本監督は、映画製作と共に、ユング心理学のカウンセラーとして、30年間、民間の第一線で活動してきた中野広之氏。
映画の舞台は和歌山県湯浅市、醤油屋角長、180年続いてきた日本唯一の木像建築蔵群、甦りの地、熊野古道、那智原始林です。
人生の壁を家族の協力で乗り越えてきた、主人公
過去の自分を愛し
その上で再生させたいと思い、
参拝登山に向かう
和歌山の自然は人に
何を与えてくれるのだろうか。

監督 中野広之
脚本 中野広之
出演 七海薫子、 原田龍二、 旭屋光太郎、小西博之、工藤堅太郎 、福永誠次、瀧川寛大、上田琴夏、奥野梓、志海三奈、唯本依月、堀川美優、岡崎菜々実、西村匡生、正木吉紀、勇元気、加納恒儀
制作年/制作国/時間 120分
上映会場/鑑賞券 1,000円(高校生以下無料) ※田辺・弁慶映画祭鑑賞券ではご鑑賞いただけませんのでご注意ください。

チケット販売は、電話もしくはメールにてご予約いただき、当日のお支払いとなります。

■『紀州騎士』チケット販売に関するお問合せ先
mail:masurao11248@gmail.com
電話 :090-1464-1124  (小林)